株式会社高橋石材店

石に魂を刻み続けて三百有余年。墓石・記念碑など石材加工販売 建築石工事等

お問い合わせ
高橋石材店 > 寺院紹介・墓所紹介 > 旧津久井エリア > 臨済宗建長寺派 熊野山 祥泉寺

臨済宗建長寺派 熊野山 祥泉寺

所在地 : 相模原市緑区中野1925

祥泉寺 本堂

祥泉寺 本堂

祥泉寺 境内

祥泉寺 境内

 

由緒・見どころ

<沿革>
草創は康永元(1342)年説あり 熊野社を紀州より勧請し、熊野堂祥泉庵と称し、真言宗の寺であった。寺領は上杉長尾氏寄進である。後に華栄玄香禅師(建長寺第19世仏恵禅師の法孫、享徳三(1454)年示寂)より臨済宗の寺となる。
江戸時代になり、慶安元(1648)年徳川家光公より御朱印拾壱石斗余を頂戴する。数度の火災に遇い、現在の本堂は青山の庄屋の家を移築再営した物である。
尾崎行雄の生家の菩提寺であり先祖の位牌が安置されている。(父行正の書もある)

<寺宝>
板碑・・・貞治三(1364)年銘あり。
半鐘・・・安永二(1776)年銘あり。
花鳥の図・・・岡本秋暉

【津久井観音霊場2008より】

access_car

中央自動車道相模湖東ICより約25分

access_train

JR横浜線、京王橋本駅より車で約25分

お見積り・お問い合わせ

株式会社高橋石材店 [建墓・外柵工事・相談窓口]

[年中無休]
携帯電話 PHSからもご利用できます。

ページの先頭へ