株式会社高橋石材店

石に魂を刻み続けて三百有余年。墓石・記念碑など石材加工販売 建築石工事等

お問い合わせ
高橋石材店 > 寺院紹介・墓所紹介 > 旧津久井エリア > 臨済宗建長寺派 金徳山 光明寺

臨済宗建長寺派 金徳山 光明寺

所在地 : 相模原市緑区青山2591

光明寺 本堂

光明寺 本堂

光明寺 参道

光明寺 参道

 

由緒・見どころ

<沿革>
光明寺の旧称は桐谷宝積寺と号す。建久年間(1190-1199)退耕行勇和尚の草創に係り、台密、禅兼学の寺で当時七堂伽藍と坊舎が38あったと伝えられる。
文永年間(1265-1275)に鎌倉建長寺開山大覚禅師留錫以来、禅宗だけを専修する寺に変わったという。嘉元元(1305)年に夢窓国師(夢窓疎石)が宝積寺に留錫、光明院を創立し、安居の地としたという。その後、永禄12(1569)年、北条、武田の三増合戦の際、兵火にかかり、堂塔坊舎を尽く焼失した。天正6(1578)年、俊雙儿和尚の時、津久井領主が、何があっても永存するよう寺中の坊舎を村々に配置し、桐谷宝積寺の称を改め、頭塔光明院を合併し、更に桜野の地に再建し、金徳山光明寺を改称した。当山は夢窓国師を開山とし、永禄の戦禍後寺を再建した俊雙儿和尚を中興開山としている。
徳川幕府は、文化元(1804)年蝦夷地に新寺建設を、当山の住職文翁政和尚に命じ、禅師は厚岸に国泰寺を創設する。その頃幕府は、当寺を官寺に準ずる寺格と葵紋章を許されたとある。

<建物、寺宝>
第30世渡辺玄暢代、昭和52年客殿新築
第32世雅光代、平成9年庫裏新築。

山門、鐘楼、土蔵。本尊延命地蔵菩薩は運慶の作と伝える。観世音菩薩33体。

県重文に指定されている十六羅漢図、雪村筆の雲竜図、開山夢窓国師の頂相等

【津久井観音霊場2008より】

 

access_car

中央自動車道相模湖東ICより約25分

access_train

JR横浜線、京王橋本駅より車で約30分

お見積り・お問い合わせ

株式会社高橋石材店 [建墓・外柵工事・相談窓口]

[年中無休]
携帯電話 PHSからもご利用できます。

ページの先頭へ