株式会社高橋石材店

石に魂を刻み続けて三百有余年。墓石・記念碑など石材加工販売 建築石工事等

お問い合わせ
高橋石材店 > 寺院紹介・墓所紹介 > 旧津久井エリア > 臨済宗建長寺派 興徳山 雲居寺

臨済宗建長寺派 興徳山 雲居寺

所在地 : 相模原市緑区根小屋2339

雲居寺 本堂

雲居寺 本堂

雲居寺 山門

雲居寺 山門

 

由緒・見どころ

鎌倉建長寺派の十刹の一つに数えられ、鎌倉時代以前は、天台、真言、禅の三宗兼学の寺院であったと伝えられています。およそ700年前、鎌渓是尊禅師により臨済宗の寺院として開山されました。
宝暦年間(1751~1764)に当寺に住職され、後建長寺の202世となられた大雲和尚[天明三(1783)年示寂、亡くなられた]が、この津久井の地に「西国33番観音霊場」を歓請され、雲居寺を第一番の札所とし隣山の来迎寺を第33番とする巡拝の道を開き、信仰の神髄である「山中の賊は破り易く、心中の賊は破り難し」の心を体得する道場としたと伝えられます。
「競馬の寺」の異名は、観音霊場の創設者の大雲和尚が毎年4月24日に「水陸会」と名付けた施餓鬼会を行い、これに伏せて寺の前の鉄砲馬場(一直線のトラック)で、農耕馬の競馬が行われたことから興ったもので、ここで売られる竹笊は養蚕業繁昌の縁起ものとして珍重されたそうです。現在も、毎年同日には、昼から晩まで数十軒程度の出店で賑わっております。

(参考資料:津久井観音霊場2008)

 

access_car

中央自動車道相模湖東ICより約25分

access_train

JR横浜線、京王橋本駅より車で約25分

お見積り・お問い合わせ

株式会社高橋石材店 [建墓・外柵工事・相談窓口]

[年中無休]
携帯電話 PHSからもご利用できます。

ページの先頭へ