株式会社高橋石材店

石に魂を刻み続けて三百有余年。墓石・記念碑など石材加工販売 建築石工事等

お問い合わせ
高橋石材店 > 寺院紹介・墓所紹介 > 旧藤野エリア > 高野山 真言宗 牧野山 蓮乗院

高野山 真言宗 牧野山 蓮乗院

所在地 : 相模原市緑区牧野7173

蓮乗院 本堂

蓮乗院 本堂

蓮乗院 境内

蓮乗院 境内

 

由緒・見どころ

<由来>
弘安8(1285)年、鎌倉に内乱が起り、極楽寺乗海忍性律師が難を避け、行基菩薩彫刻の弥陀の像を背負い甲州方面へ赴く途中、当地牧野の「堂ヶ尾」の地を卜して修禅の地と定め開山した。そして、弥陀の尊像を安置したお堂を「天徳堂」と名付けた。
嘉元元(1303)年弟子の円海蓮乗法師の時、堂宇を梨本の地に移し、寺号を牧野山天徳寺と改めた。更に元徳年間(1329-1331)伽藍・梵鐘を懸け、先師の字を立て院号とし牧野山典徳寺蓮乗院と名付けた。寛永の始め、火災に遇い、元禄元(1688)年大鐘に移ったようである。その後、数度の復興を経て、文政12(1829)年現在の本堂を再建した。間口13間半、奥行9間、建坪123坪の伽藍で、棟梁は鎌倉の河内久右ヱ門直方と記録され、この時の檀頭神原五郎助の功労は絶大であったと伝えられる。
関東法談所36院の一つであり、津久井33ヵ所観音霊場28番である。

【藤野町教育委員会より】

access_car

中央自動車道相模湖ICより約15分

access_train

JR中央本線藤野駅より車で約10分

お見積り・お問い合わせ

株式会社高橋石材店 [建墓・外柵工事・相談窓口]

[年中無休]
携帯電話 PHSからもご利用できます。

ページの先頭へ