株式会社高橋石材店

石に魂を刻み続けて三百有余年。墓石・記念碑など石材加工販売 建築石工事等

お問い合わせ
高橋石材店 > 寺院紹介・墓所紹介 > 山梨エリア > 曹洞宗 護國山 慈眼寺

曹洞宗 護國山 慈眼寺

所在地 : 上野原市上野原160

慈眼寺 本堂

慈眼寺 本堂

慈眼寺 境内

慈眼寺 境内

 

由緒・見どころ

<沿革>
開基は桂岸祖仙首座で、慶長七(1602)年に本山保福寺二世が退隠して当寺の開山となる。大正五(1916)年倒壊し、大神田寅吉が昭和五(1930)年に独力にて私財を喜捨(一万五千円)して本堂を再建した。昭和16年鐘楼堂および庫裏を再建して今日に至っている。
梵鐘に「洪鐘之起其始、甲州都留郡上野原村現住十七世徹龍、時天保5(1834)年11月吉日、鋳物師、新田村足立惣右衛門、加藤勘米兵衛、藤原高伴作」とあったが、戦時中供出して現在はない。

本尊 十一面観音

 

access_car

中央自動車道上野原ICより約10分

access_train

JR中央本線上野原駅より車で約10分

お見積り・お問い合わせ

株式会社高橋石材店 [建墓・外柵工事・相談窓口]

[年中無休]
携帯電話 PHSからもご利用できます。

ページの先頭へ